マンション売却相場を知って損のない売却を

何に関しても焦らず慎重にやった方がうまくいくこ

何に関しても焦らず慎重にやった方がうまくいくことが多いものですが、高額な取引となるマンション売却では一層、十二分に慎重な姿勢で検討することが求められます。まず用心しなければならないことに、悪意を持ったマンション会社も存在するという点があります。

仲介契約に相反して積極的に売る姿勢を見せなかったり、非常識な安値で買いたたくような場合もあるため、気を付けて選ばなければなりません。



不信感をわずかでも持ったなら、契約するべきではありません。
マンション物件売却においては、やはり、内覧が売買契約の有無を左右するカギといえます。
内覧の前には購買意欲をなくさせないためにも、買手だったらどこをみるだろうかと想定して室内外のチェックを徹底することです。一部の例外を除いて、買い手側から求められているのは、明るくて広く、清潔感のある住み心地の良さそうな物件なのです。
その物件の良さがしっかり伝わるように掃除は当然として、余分なものを捨ててスペースを空けるといったお金をかけずにできることはしておくのがオススメです。マンションを売りたいという時には、その物件の購入希望者から境界確認書を請求されることも少なくありません。



境界確認書を求められたら、土地の権利者が立ち会いながら、土地家屋調査士が土地境界確定測量をして、境界確認書を作成することになります。買主が境界確認書を要求する理由として考えられるのは、どこまでが購入する予定の土地なのか境目がはっきりしないケースで、土地のしっかりとした境界線を確定させて価格を決めること、そして、隣り合う土地の権利者とのトラブルを回避するためでしょう。普通はローンの残金をゼロにしてからでないと、マンションの売却の計画は立てられません。



支払いを終了する事が難しいのに、やむをえず売却しなければならないときには、有効な手段として任意売却という方法があります。
実績の豊富な会社に任意売却をまかせると成功しやすいですから、とにかく相談してみてください。納得できたら依頼して、自分では難しい債権者との交渉を代行してもらうのが一番の解決策です。一番よくあるマンション物件を売る時の失敗はマンション業者の選び間違いでしょう。

良心的な仲介業者ばかりではなく、悪徳業者も混ざっているのが実情です。

簡易査定は高くつけて、現物査定では相場よりも極端に低くしたり、全く宣伝をせずに物件を売れないままにしたり、過剰に宣伝を行い、広告費として高いお金を支払うようにいってくるなど、多様な被害例が存在します。



誠実な仲介業者をみつけるためにも、数箇所の業者に査定を依頼してよく考えて選ぶと失敗しにくいです。

所有していたマンション物件の売却価格が3000万円を下回ったケースでは、所得税、さらに、住民税の課税対象から除外してもらえる特例が適用されるでしょう。

その理由は、物件を販売した価格のうち、3000万円までなら特別控除を適用してもらえるからです。そして、物件の買い換えをした場合に、売却損が出たとしたら、それ以外の所得と合計して、損益通算が適用されるのです。

とはいえ、適用条件があり、売った物件を継続して5年を超える年数にわたって所有していた、そして、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。マンションを売却する人にかかる税金として特に留意してほしいのが譲渡所得税と住民税です。物件を売却して利益が得られた人にとって、これらは支払いが必要なものです。

しかしながら、売却物件が居住用ならば、特別控除が3000万円適用されます。さらに、課税方法についてもこれらの税金は所有期間次第で違いがありますので、売却の際は要チェックです。

マンション物件は文字通りなかなか売りづらくなっており、いざ売却する際にも様々な経費が必要です。

メインにあるものは、仲介業者への仲介手数料の支払い、司法書士にマンション登記関連の各種書類を作成してもらうのでその報酬、さらに、譲渡税、売却時に住宅ローンが残っていれば繰上げ返済費用もかかります。どこの仲介業者にするか決める際、精一杯、小額の仲介手数料にできれば最終的な経費も幾分抑えられます。任意売却は売ったとしても返さなくてはいけない住宅ローンが残る物件を売却する時に使用される呼び名で、任売と略されます。任意売却を行った場合、残りの住宅ローンが減って、生活に支障をきたさない返済ができるようになります。

ただ、一般人には難しく、専門的かつ高度な交渉が必要になりますから、成功させたいなら、弁護士、もしくは、司法書士に依頼しましょう。

不明な点も多いマンション売却に関しては、詳しい人に相談しながら進めるのがおすすめです。一部では仲介以外にもコンサルティングを提供するマンション会社も存在します。

専門家独自の視点で物件の価値を所有者に指摘してくれたり、目一杯の価格をつけて売るためのメソッドを聞くことができるでしょう。

コンサルティングは無料で行ってもらえることもあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

関連記事