マンション売却相場を知って損のない売却を

どうにかマンションを売却する手はずが整い、契

どうにかマンションを売却する手はずが整い、契約が成立したのにも関らず、売る気がなくなった、別の買い手を探したくなったなどの心境や事情の変化で売却を取り消したいときは、契約破棄もOKです。
とは言え、違約金の支払いが契約で定められていたり、既に受け取っている手付金を倍にして返さなくてはいけないので、契約を進めるときは細心の注意を払ってください。


通常通りマンション売却をするとなったら、始めにマンション会社にコンタクトを取ります。

そして、物件の価値が念入りに見積もられて査定額が提示され、あるマンション会社と媒介契約の締結に至ります。契約を結んだマンション会社は宣伝活動に励み、購入を求める人が出てきたら、価格交渉を行い合意の上で売買契約を締結し、買主からの支払いが確認できたら抵当権を抹消する手続きに入り、約束の引き渡し日の前に立ち退いておきます。

たとえ自分が所有しているマンション物件であっても売り払う際には権利書の提出が、必須です。


そもそも権利書の持つ役割とは、その土地が登記されていることを証明することであり、正式な名称は登記済証です。
仮に紛失してしまったり、解読不能な状態になっても再び作ることはできないでしょう。
といっても、土地家屋調査士や弁護士の先生、司法書士を代理人として立てることで、本人確認情報提供によって対応することができます。
利益が生じたマンション売却については、ひょっとすると譲渡所得税の支払いが必要かもしれません。
譲渡所得税は所有期間によって適用される税率が異なっており、5年間を超える場合は15%の所得税と5%の住民税が計算されます。


所有期間が5年以下の短期であれば2倍の税率で納めます。


支払いはいつ行うかというと、所得税は売却の翌年2月16日から3月15日の間に一括納付し、住民税の納付は4期に分けて行うことになっています。

「マンションを売却するときはリフォームが必要」と決まっているわけではありません。



そもそも、リフォームに何百万もかかっている物件にしても、かけたお金の分いい値段で売れるとは誰にも言えません。どうしてもリフォームを行うのだったら、力を入れるところを内覧でよく見られそうな箇所にすると少しでも安く上げられるかもしれません。加えて、状況に合わせて清掃をして明るく広い部屋に見えるようにすれば必要最低限のリフォームで問題ありません。
もし、共同名義のマンション物件の売却を考えているなら、委任状がないと売却ができません。こうした際には、代表者となって取り引きを行う名義人に、他の全名義人が取り引きをその人に委任する考えを明示した委任状を受け渡しておきます。
この委任状はいつまで有効かという期限が特にないので、取り引きが終わるまで一度集めたもので問題ありません。マンション売却では一般に知らないような内容も多いことから、専門家の知恵を借りるのが合理的ではないでしょうか。仲介に加えて、一部ではマンション会社のコンサルティングも利用できることがあります。

所有者が見落としていた物件の価値を専門家の見地から見つけ出してくれたり、できるだけ高価で売るためのポイントを指南してくれるでしょう。コンサルティングに料金がかからない場合もあるので、一度考えてみてはどうでしょうか。「今すぐ家を売りたい」と思っても、ちょっとやそっとで買いたいという人が現れるわけではないのがマンション物件の難しいところです。
だとしたら、平均としてマンション売却の期間は、何週間かかるのでしょう。売却する物件がマンションなら12週間程度、一軒家は平均6ヵ月です。あくまでも平均なので、この期間内に売れるとは限りません。

家を売ろうとスケジュールを組むなら、その辺も考慮するべきです。
マンションの売却を視野に入れ始めた際、築年数のことがどうしても気になるでしょう。事実、築年数次第で売却価格は変動します。
例を挙げると、築10年が経つ戸建ては多くの場合で建物の査定価格はゼロになり、原則、土地の価格のみになることでしょう。
そして、マンションも同じく築年数が浅ければ浅いほどベターですから、状況は戸建てと同様で、築10年が境になっています。マンション物件をすぐに使えるお金にできることが、家を売却する上で1番の利点となります。そして、売ろうとしている物件にかけた地震保険料や火災保険料、住宅ローンの保証料金などは、残っている期間分のお金が戻ってきます。

これは売却完了の際、保険会社などが自主的に返金してくれるものではありませんから、手続きを自分からしなければなりません。



物件の売買取引が成立した場合、絶対に契約をしている会社に連絡をした方がいいです。


関連記事