マンション売却相場を知って損のない売却を

普通は、マンション物件を売る際の入金と

普通は、マンション物件を売る際の入金というのは、とりあえずは手付金、問題がなければ中間金、最後に最終金を払うというパターンがよくある流れです。手付金を支払ったら、その後、一ヶ月ほど間を開けて中間金、それから、三ヶ月くらい過ぎたら最終金が支払われるはずです。

といっても、トータル支払額の中で占める割合は大きく異なり、そのほとんどが一番最後の最終金まで支払われません。最初に支払われる手付金は現金のこともあるものの、後のトラブル防止の意味合いもあって、売却主が指定した銀行の口座へ全て振込というのがほとんどです。

言葉の通り、マンション物件は売るのが大変で、様々な費用も売却に際して発生してきます。


メインにあるものは、仲介業者には仲介手数料を支払いますし、司法書士にマンション登記関連の各種書類を作成してもらうのでその報酬、さらに、譲渡税、住宅ローンが残っている物件の場合は繰上げ返済費用も必要です。
仲介業者の選択で、可能な限り仲介にかかる手数料を減らせれば最終的な経費も幾分抑えられます。

何かと話題になったマイナンバーを提示しなくてはいけないことがマンションの売却時には起こり得ます。


ただ、それは売主が一個人で、なおかつ、買う側は個人ではなく、法人であるといった条件が当てはまる時です。その場合だとしても100万円を超えない金額での売却ならば、マイナンバーを提示する必要がないのです。どうして、マイナンバーを提示するケースがあるのかというと、マンション物件を購入した法人が購入の際、税務署への提出を行う書類の記載必須事項であるため、売り主側がマイナンバーを提示しなければなりません。新居購入を機に住宅ローンを組むと、融資が始まるのは建物完成後であることが大抵のところです。

よって、注文住宅購入から建築が終わるまでの間に、例えば工事の着工金など必要な費用があればローンを当てにせずに間に合わせなければならないのです。

それまで住んでいた物件の売却金を使える場合は大丈夫ですが、まだ売り出し中という場合もあるでしょう。

そこで、短期間のみの融資に対応してくれるのがつなぎ融資です。
慌てる乞食は貰いが少ないというのは世の常ですが、とりわけマンション売却は高額取引を行うわけですから、十二分に慎重な姿勢で検討することが求められます。

第一に警戒しなくてはいけないことでは、全てのマンション会社が良心的とは限らないという点があります。仲介契約を結んでいても販売活動に消極的だったり、常識外れの安価で買いたたかれたりすることもあるので、心に留めた上で選ぶことです。疑わしい点を少しでも見つけた時は、契約締結は控えましょう。物件を購入した後で、買い手側が通常気付かないような欠陥を見付けたという時は、瑕疵担保責任を負う売り手側に修繕を求めることができます。


この適用期間は、売り手側がマンション会社の場合、最低でも2年間以上は確保することになっています。

ところが、両者が個人同士である取り引きにおいては縛りがなく、この期間については自由です。それどころか一切の期間を設けないこともままあることです。


人によっては毎年はしないこともありますが、もし、マンション物件を売ったのなら、その年は確定申告が必要不可欠です。



実際、それまで所有していた物件を売って利益が得られたら、普段はしていなかったとしても、その年は確定申告をして、譲渡所得税を納める義務が生じます。逆に、利益が出なかった場合は、確定申告が節税に役立つ例も少なくありません。どちらにしてもマンション物件を売却したら、きちんと確定申告を行うと後悔しないでしょう。どんなものでも同じですが、マンション物件の売却でも価格が何より重要になるので、決定する時は、一括査定サイトを使って、いくつかの業者にマンション物件の査定をしてもらうことが必須になります。



何社かの査定額を比べると相場がわかるので、相場に見合った売値を決めてください。

それから、マンション業者には驚くことにコンサルティング業も兼ねているケースがあるので、話だけでも聞きに行き、最高額がどのくらいつきそうなのかを聞いてみるのも何かの参考になるでしょう。3000万円以下でマンション物件を売却した時には、所得税、それに、住民税の対象にはならないありがたい特例が適用されます。売却価格うちの3000万円が特別控除の適用になるため、課税対象にならないのです。



また、もし、買い換えで損をしてしまった場合、他の所得も含めた上で、損益通算が適用されるのです。

ですが、それには条件に適合していなければならず、売った一軒家やマンションを5年超えで所有しており、さらに、10年を超える住宅ローンの新規契約をしたというのが条件です。



マンション売却を検討し始めた人なら、築年数のことが引っ掛かるかもしれません。築年数が売却価格に影響を与えるのは事実です。
戸建てのケースなら、築10年が経っていれば多くが建物の査定価格はゼロということになり、通常は土地の価格のみになるはずです。

同じように、マンションでも築年数の浅さと評価の高さは比例関係にありますから、一戸建てと同じように、築10年が境になっています。

関連記事