マンション売却相場を知って損のない売却を

売主はマンションを売る際に必要なものとして印鑑

売主はマンションを売る際に必要なものとして印鑑証明と実印があげられます。
これらは法務局で所有権移転登記のためにいるもので、買主の方は特にこの2つは準備しなくても大丈夫です。

もしも、支払いをローンで行うならそうではありません。ローンを利用するなら必ず印鑑証明、それと、実印を持参しなければなりません。



もし、連帯保証人を必要とするならその人にも印鑑証明と実印を用意してもらいましょう。
新居購入に際して組む住宅ローンでは、出資は住宅が建てられてから開始するのが大半のケースです。ということは、注文住宅を購入してからそれが完成するまでの間に請求される費用(例えば工事の着工金など)は自力で必要額を用意しなければなりません。
それまで住んでいた物件の売却金を使える場合はなんとかなるでしょうが、買い手が見つかる前にお金が必要になるかもしれません。

つなぎ融資なら、そんな時に一時的な融資を受けることができます。
マンションや戸建てのマンション物件を売却するのなら、マンション会社と媒介契約を結ぶケースが大半ですが、媒介契約には三種あり、その一種が、専任媒介契約になります。



専任媒介契約を選ぶと、そのマンション物件については、専任媒介契約を交わした業者限定で仲介可能です。



しかし、例外にあたる事例もあり、契約を結んだ売手が独自に買手を探し出し、本人同士だけで交渉し、売買契約に至っても、特に違約金などは発生しません。

専属専任媒介契約ではこのケースでも契約違反になりますから、さらに制約が厳しいといえます。マンション売却の進め方は、多くの場合、最初にマンション会社に話を持ちかけます。
そして、どんな物件か品定めがされて、それによって査定額が決定し、あるマンション会社と媒介契約の締結に至ります。マンション会社が販売活動を行い、めでたく購入希望の申し出があったら、価格交渉を行い合意の上で売買契約を締結し、支払いが済んだら抵当権を抹消するため手続きしておき、物件の引き渡しの日までに退去を終わらせます。
どうにかマンションを売却する手はずが整い、契約が成立したのにも関らず、売るのが嫌になった、他の人に売りたいというように心境や事情が変わって売却の話をなかったことにしたいなら、契約を破棄することもできます。けれども、契約上に規定した違約金を支払わなければならなかったり、先に貰っていた手付金を倍にして返さなくてはいけないので、契約を進めるときは細心の注意を払ってください。

急いては事を仕損じるとはよく言いますが、その中でも高額の取引を行うことになるマンション売却では、手間暇を惜しまずに検討していくべきです。何より気を付ける点として、質の悪いマンション会社を避けなくてはならないという点が挙げられます。仲介契約を締結しているはずが売ろうという姿勢が見えなかったり、必要以上に値切って買おうとするようなところもありますので、心に留めた上で選ぶことです。
疑わしい点を少しでも見つけた時は、他を探した方がいいでしょう。


戸建てなどのマンション物件を売ろうとした場合、買手が境界確認書を求めてくることもあるでしょう。

その時の対応としては、土地境界確定測量を土地家屋調査士にお願いして、その土地の権利者が立ち会った上で測量してもらって、必要な書類を作るのです。境界確認書が求められる理由は、買う予定の土地の境界線が明確になっていないマンション物件において、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、購入地の周りの土地の権利者と境界のことでトラブルになってしまうのを防ぐためです。


自力で売るのではない限り、マンション物件売却にあたっては、マンション会社と媒介契約を交わします。三種類ある媒介契約の中で、専属専任媒介契約が一番制約に縛られることになるでしょう。仲介業者と専属専任媒介契約を取り交わすと、他のマンション業者の仲介は一切受けられません。業者と専属専任媒介契約を取り交わした後になって、知人の紹介などで購入を希望する人に巡りあっても、当人同士が話し合って契約なんてことはできず、契約した仲介業者を間に入れるのがこの契約のルールになるのです。
マンション売却で融資利用の特約等が付されていて条件が不成立の場合に、契約によって生じる約定解除権を行使できることを白紙解除と呼んでいます。白紙解除の際はそれまでに買主から支払われた手付金を買主に対し全額返還することが必要です。



原則としては支払われた金額を同じ額で返還するところですが、無利息での返還という旨が契約書に書かれていないときは利息を付けての返還となることもありますから、心に留めておかなければなりません。よく耳にする事ですが、残っているローンがまたあるのなら、残債をなくさないと、ローン中のマンション物件を売却するというのは無理があるでしょう。



残債が残っているけれども、売却という手段しか残されていなかったら、任意売却がオススメです。


実績の豊富な会社に任意売却をまかせると成功しやすいですから、まずは相談しに行ってみて、できればお願いして、債権者との話し合いもおまかせするのが最善の方法です。

関連記事