マンション売却相場を知って損のない売却を

マンションや戸建てのマンション物件を売却する

マンションや戸建てのマンション物件を売却するのなら、マンション会社と媒介契約を結ぶケースが大半ですが、媒介契約には三種あり、その一種として、「専任媒介契約」というものがあります。どんな契約方法かというと、その物件の売却に関しては、専任媒介契約を交わした業者限定で仲介できるというもので、他の業者を介入させてはいけないのです。ただし、この契約に違反しないケースも認められていて、マンション会社の関わりなく、売りたい人が自分のツテなどで買いたい人をみつけ、当人同士で交渉したとしても、この契約には違反しないのです。

専属専任媒介契約よりは自由度が高いといえるでしょう。

可能な限り早い段階でマンション物件の売却先を見つけたいと思うところでしょうが、そうは言っても、機を見誤って値下げしてしまうと大幅なロスにつながるでしょう。
早くから売却物件が値下げされると、底値はまだだなと期待する買主が現れることでしょう。

物件についての問い合わせ数の増減などを考慮に入れ、半年経っても動きがないと判断したら値下げの検討を始めてもいいでしょう。


オープンハウスとなっている物件は、売り出し中に室内も含めて見てかまわないというのがモデルハウスと異なる点です。

その時点で居住者が退去していない中古のマンション物件の場合はそのまま家具などが配置されているでしょうが、そのため「もし自分が住んだら」というシミュレーションもしやすそうです。

あわせて、物件の周囲もあちこち見て回ると、どんなお店が近くで利用できるかなど生活する上での条件も事前にわかります。共同名義者として2人以上の人の名前が登記されているマンション物件を金銭の支払いを受けて他に譲渡する際には、名義人である共有者全員が承認していることが条件として求められています。名義人として登記されている共有者全ての署名と実印が不可欠となりますから、名義人の中の誰かが単独で処分するというのは不可能です。その人の持ち分に関しては売買契約を結んでも効力があるとされていますが、普通は共有者全員の承諾のもとに販売するという手続きを取ります。マンションの売却で生じる税金の中でも一番注意する必要があるのは譲渡所得税と住民税でしょう。物件売却で利益が出れば、これらは必ず支払いが必要なものです。
ただ、住居だった物件の売却なら、特別控除が3000万円適用されます。

それから、所有期間に応じてこれらの税金は課税方法が変わるため、よく確認してから売却に入ってください。

資産を現金にすることができるのが、家を売却する上で1番の利点となります。
それに、その物件で加入していた保険料、住宅ローン保証料は、まだ残りの期間があれば、その分だけ返却されます。
ただし、このお金は物件の取引終了と同時になんの手続きもなしには返してもらえず、手ずから手続きを行ってください。
売却が決定したときには、忘れないうちに契約会社に連絡を入れましょう。
可能な限りマンションを高値で売りたい人は、始めにあちこちのマンション業者に査定してもらうことです。
驚くほど業者間で査定額に開きが出ることも日常茶飯事です。
それと、できるだけ専任媒介の契約にしてください。一般媒介の宣伝予算は専任媒介よりも少なく、すぐには買い手がつきません。それに、専任媒介なら依頼主への定期報告をする義務が生じます。
焦ってやると逆効果になることがよくありますが、マンション売却においても高額取引となるだけに、手間暇を惜しまずに検討していくべきです。最も注意しなければいけないこととしては、質の悪いマンション会社を避けなくてはならないという点が挙げられます。


仲介契約をしているにも関わらず売る気を見せなかったり、二束三文で買おうとするようなところもありますから、留意して業者を選びましょう。


不信感をわずかでも持ったなら、他を探した方がいいでしょう。



めでたくマンションの買い手が見つかり、もう契約が成立したものの、手放したくなくなったり、取引相手を別に探したいなど心境や事情が変わったことで売却を取り消したいときは、契約破棄もOKです。とは言え、契約上に規定した違約金を支払わなければならなかったり、既に受け取っている手付金を返還する際も倍返しにしなくてはいけないため、慎重に契約を決める必要があるでしょう。月日が経過しても売却物件の購入希望者がいない場合、重要なポイントができていないのかもしれません。第一に、所有物件の清掃状態、設備の手入れがされていることを確認してみてください。

あとは、契約中の仲介業者が買い手をみつけるための努力を怠っていないかも確認しておいた方がいいでしょう。



この二つの確認が終わったら、売価が不適切ではないかを見直してみましょう。

しばらく音沙汰無しの状態が続くのであれば、売価を付け直したり、早く売却したいなら、買取という選択もあります。


関連記事